働く妊婦の早産・妊娠体験記ブログ

実体験をもとに妊婦・マタニティ・子育てなどに役立つ情報をお届け

娘ちゃんがクループ症候群で入院しました…

娘ちゃんがクループ症候群で入院しました。

クループ症候群とは

クループ症候群は、喉頭(声を出す部位周辺)が炎症のため腫れて、次のような症状がでる病気です。かぜ症状から始まり、突然の吸気性呼吸困難を起こし、泣いてもいつものように泣き声が出ず、鋭く「 ヒーヒー」という息が漏れるような音がする。
声ががれる(嗄声)・チアノーゼ
犬の吠える声に似た乾いた咳、もしくはオットセイの鳴くような感じの咳
クループ症候群とは、上記のような犬吠様咳嗽、嗄声、吸気性喘鳴、呼吸困難などの症状を示す一群の疾患をいいます

f:id:ofgoodomen:20191016225811j:plain

クループ症候群の症状
 
先日、緊急でかかった病院でクループ症候群と診断をうけ、薬を処方されて様子をみていました。
 
 
日中は相変わらず、咳き込み、声はダミ声が続いておりました。
薬は処方されているので様子をみるしかないかなと思い、その日は家で遊んで過ごしていました。
 
お風呂も湿気があるのでいれたほうがいいとのことで、いつものようにご飯を食べて、お風呂にはいって就寝…と思ったのですが、咳き込みがどんどん激しくなりました。

ヒューヒュー・ゼィゼィ
一度咳き込むと止まらないので、かなり苦しそうでした。
咳き込むたびに体温が上昇して38.5℃に…
 
私「(昨日行ったばっかりだけど)病院行ったほうがいいかな??」
1歳になったときになった気管支肺炎の経験から、今回も酸素不足になっている可能性があるなと思ったので診てもらいたいと思いました。
 
旦那「さすがに苦しそうだしね…」
 
先日に引き続き、#7119で救急センターに電話。夜間の救急病院につないでもらいかかることになりました。
かかった病院は前回の気管支肺炎のときに入院した大きい病院でした。
吸入や点滴してもらえれば安心だなと思っておりましたが、診察してもらうと

先生「入院したほうがいいですね。今日からいけますか??」
 
私「いけ・・・・・ます」
 
なんだか嫌な予感はしていたのですが、まさかの入院でした。
「念のため、今日は病院で様子みますか?」と言われることはあるかもなと覚悟していたのですが、まさかの入院宣告でした。
 
旦那は明日から男友達と旅行の予定だったので、困惑しておりました。
入院しないといけないですか?と聞いてたけど
入院したほうがいいといわれるのは決まっている…
旅行は行ってもいいから無駄なあがきは止めておこうと伝え
 
レントゲンをとり
点滴をつけてもらい
入院手続きをすませ
f:id:ofgoodomen:20191019112648j:image
入院…とはいえ日帰り分の荷物しかもっていっていなかったので
私はしばらくの入院用の荷物をとりに帰り…
 
タクシー費用は2往復分
 
 
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
 
 
こんなことなら入院するつもりでもってきておけばよかった。
まぁ大事に至らなくてよかった。

f:id:ofgoodomen:20181122215316j:plain


クループ症候群は、呼吸困難が強かったり、咳嗽がボスミン吸入でも改善しないような場合には、入院した方が安全な場合があるそう
す。
入院せずに様子をみる場合にも、夜間に症状が悪化する可能性も強いので、呼吸困難が強まったり、せきが止まらなかったりした場合には救急外来を受診してくださいとのことでした。
 
入院期間は恐らく1週間…
引き続き頑張ります。