働く妊婦の早産・妊娠体験記ブログ

実体験をもとに妊婦・マタニティ・子育てなどに役立つ情報をお届け

【2018年最新】妊婦戌の日◆いついけばいいの?費用は?大阪の安産祈願おススメ神社紹介

妊娠5ヶ月にはいると妊婦さんは戌の日に神社に安産祈願に行くことが習慣としてあります。安産祈願ってどこでやってるの?何を準備すればいいの?などの妊婦さんの疑問にお答えします♪

f:id:ofgoodomen:20180226225600j:plain

戌の日とは

12日に1度やってくる日です。犬は多産であるのに、お産がきわめて軽いことから「安産の守り神」とされています。なので安産を願って「戌の日」に妊娠したことを神様に報告し、出産の無事をお祝いする風習があります。

戌の日は月に2~3回で決まっておりますが、必ずしもその日程に行かなくてはいけないというわけではないようです。妊婦さんのそのときの体調に合わせて無理をしないことが一番です。実際私も仕事の関係で母と旦那の都合が合うのが戌の日とずれてしまいましたが、妊娠5ヶ月の戌の日に神社に御祈祷に行きました。

戌の日は何をするの?神社で安産祈願

妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願を行います。神社に出向き、お祓いと祈祷をしてもらって、お祓いと御祈祷が済んだ腹帯などを受け取ります。腹帯は神社で用意されていることが多いです。妊婦が体調が悪い場合などは腹帯などを事前に購入し、代理の人(旦那や母)にお祓いに行ってもらい、その腹帯を妊婦が使用することで対応することもあるようです。自分の体調に合わせて行ってください。

安産祈願・祈祷・お祓いの費用は?

私は関西在中なので、兵庫・大阪を中心に調べましたが平均の費用は5000円~15000円となかなか幅広かったです。私は7000円で大阪の住吉大社に参拝しました。腹帯やお守りなどが祈祷の料金とセットになっていました。しかし、2018年から1万円に値上げしているようですね、、、!

関西の戌の日実施している神社おススメ3選

住吉大社(すみよしたいしゃ)

アクセス:南海鉄道 南海鉄道南海本線住吉大社駅」から東へ徒歩3分・南海高野線住吉東駅」から西へ徒歩5分阪堺電気軌道 阪堺線住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

費用:1万円

 

▼公式HP

www.sumiyoshitaisha.net

私は実際こちらでお世話になりました。駅から近いので電車移動の方にはおススメです。腹帯などもすべてセットになっていましたので準備いらずでよかったです。

坐摩神社(いかすりじんじゃ)

アクセス:市営地下鉄本町駅より徒歩3分 

費用:1万円

▼公式HP

www.ikasuri.or.jp

事前予約が可能なようなので混雑具合や時間が心配な方にはこちらがおススメです。こちらも岩田帯(腹帯)と鈴守(お守り)が頒布されるようです。

◆大阪護國神社(おおさかごこくじんじゃ)

アクセス:住吉公園駅徒歩2分

費用:5千円

▼公式HP

www.osakagokoku.or.jp

こちらはお守りなどはついていないようですが祈祷料金が5千円と他の神社と比べるとリーズナブルですね(^_-)-☆

妊婦さんが行きやすい立地や事前予約などの条件などで選べばよいと思います。


犬印本舗 帯祝いセット 妊婦帯 岩田帯【腹帯】【10P03Dec16】