働く妊婦の早産・妊娠体験記ブログ

実体験をもとに妊婦・マタニティ・子育てなどに役立つ情報をお届け

産後の抜け毛がひどいと思ったら「バセドウ病」だった

はじめての子育てに追われる毎日で

私はある朝、突然激しい動悸に襲われてバセドウ病と診断されました。

f:id:ofgoodomen:20180216171449j:plain

バセドウ病とは

バセドウ病またはバセドー病(バセドウびょう、バセドーびょう、 Basedow-Krankheit)とは、甲状腺疾患のひとつで、甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気である。機能亢進によって甲状腺ホルモンが必要以上に産生されるため、肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。

Wikipediaより引用

水島ヒロの奥さんである絢香バセドウ病にかかって休業宣言をしたことで一時期話題になっていた病気です。そのときは、甲状腺異常の病気として紹介されていました。

甲状腺ホルモンが増加することで下記のような症状があらわれます。

・疲れやすさやだるさがある
・汗が異常に多い
・暑がりである
・脈拍数が多く、・動悸がする
・手足がふるえる
甲状腺が腫れる
・食欲が旺盛である
・イライラする
・かゆみがある
・口が渇く
・眠れない
・微熱が続く
・息切れがする
・髪の毛が抜ける
・排便の回数が増える
・眼球が出てくる

バセドウ病は男性より女性に多く、200~500人に1人くらいがかかっている病気だそうです。

私が バセドウ病と診断されるまで

◆大量に髪の毛が抜けるようになる

産後2ヶ月ごろから抜け毛が気になるようになり、掃除してもしても、床に髪の毛、お風呂の排水溝はすぐ髪の毛でいっぱいになっていました。

産後に、髪の毛が抜けることはホルモンバランスが一時的に乱れるために、よくあることだといわれています。

産後2ヶ月から4ヶ月まで激しい抜け毛は続きました。

それは異常な抜け毛の量で、床は毎日コロコロテープをしないと髪の毛が目立つし、髪の毛を乾かす化粧台のまわりはおびただしい髪の毛が溜まり、お風呂の排水溝は1日~2日でつまるようになっていました。

旦那からひと言、「産後の抜け毛ってこんなに大量に抜けるの?」

さすがに毛量多い私でもハゲてしましそうな量が毎日抜けていました。

 ◆些細なことでイライラするようになる

f:id:ofgoodomen:20180214130519j:plain

そんな症状が気になりだしたある日

私は、娘ちゃんと遊びながら部屋の掃除ができていないことにいつも以上にイライラしていました。

娘ちゃんが昼寝をしてからは、自分が子育てをちゃんとできているのか、4月の復職に関して保育園に受かるのだろうかと急な不安におそわることもありました。

 

その日は金曜日で旦那が仕事から帰宅

イライラや不安はおさまることがなく 

旦那が娘のおむつ替えをしていなかったことに腹が立った。

私「私がいちいち言わないと替えてくれないの?」

こんな言い方をしたいわけではないが、指示し続けないといけない状況も嫌でした。

旦那「最近、少しのことでイライラしすぎだよ」

言わなくてもやってくれたらイライラすることもないのに、と余計に腹が立ってきました。この日は1日中とても情緒が不安定でした。

 ◆激しい動悸と吐き気におそわれる

翌朝、土曜日

起き上がるのがだるく、

娘ちゃんの朝の着替えのときに立ちくらみと冷や汗がでてきました

オムツ替えのときには動悸がして、立っているのが辛い状態に陥りました。

 子育て中もたまにあったのですが、呼吸が浅く息がしづらい状況が1時間以上続きました。ストレスで一時的に息が浅くなってしまってるんだろうと、深呼吸をしながら横になることにしました。

 内科での血液検査と心電図

f:id:ofgoodomen:20180402170917j:plain

苦しさは一向に治らず、その後吐き気になって襲ってきました。

急いで、土曜日も診療している病院へかかることにしました。

 

病院の待ち合いでも動悸はとまらず

呼ばれたときは苦しくて返事もし辛い

 

先生「この症状はいつからですか?」

私「昨日の夜からです」

聴診器で心音を聞いてもらった

先生「かなり早いですね、パニック障害とかお待ちですか?

私「いえっ、もってないです」

先生「もしかしたらバセドウ病かもしれないですね」

私「バセドウ??(ってなに?)」

先生「後でネットで調べてみてください。確認のため血液検査と心電図をみますね」

 

その後、血液検査と心電図

 

心電図は当日結果で特に問題なし

 

翌日、血液検査の結果を聞きにいきました。

結果、甲状腺ホルモンの値を示す数値が通常の4倍以上になっており

バセドウ病と診断されました。

授乳中ということもあり、専門の大きな病院で診てもらうようにと紹介状をかいてもらってこの日は帰宅しました

 バセドウ病の初期症状

思い返してみればバセドウ病を思わせる症状にいくつも当てはまっていました。

・動悸がする

・疲れやだるさがある

・昼寝の回数が増加

・食欲増加

・体重の減少

・イライラが激しい

・髪の毛が抜ける

産後のホルモンの乱れや、子育てで疲れているからと思っていたけれども、これらすべてがバセドウ病によるものということで納得がいきました。

バセドウ病は産後の女性がかかりやすい病気で、更年期障害やストレスによるものとして見逃すことも多いそうです。バセドウ病という病気だったといことでショックでしたが、一回目の受診で気づくことができてよかったと思おうと思います。

 

産後はストレスも溜まりやすく、このような症状を見過ごしてしまうことが多くあると思うので、私と同じような症状で悩まれている方は一度病院で血液検査をされることをおすすめしたいと思います。