働く妊婦の早産・妊娠体験記ブログ

実体験をもとに妊婦・マタニティ・子育てなどに役立つ情報をお届け

【保活③】絶対に預けたくない認可外保育施設を見学した件

東京都の練馬区で認可外保育施設の乳児の死亡事故が起きました。

mainichi.jp

こういう事件をみると

我が子は大丈夫だろうか…本当に仕事復帰していいのかと本当に不安になります。

 

じゃあ、預けずに自宅で保育したらいいんじゃない?

そう考える人もいるかもしれない。

けれど、将来のことを考えると正直なところ今、私が仕事を手放すことはできません。

 

娘が産まれてから保活に動き出し、見学した保育園は10ヶ所以上です。

大変な思いをしたけれど、安心して預けるためには保活はとても大切だと感じます。

今回はそんな中で見学したひとつの認可外保育の現状について書きたいと思います。

f:id:ofgoodomen:20180215193038j:plain

私の保活事情について

娘が一歳になるころにフルタイムで復職予定。しかし、私の住んでいるエリアは待機児童も多く、私の職場の人は全員といっていいほど認可外に預けています。

その状況から私は認可外保育を優先して見学することにしていました。その中で、仕事前に送りとどけられるエリア内にある認可外保育施設は3つほどしかなく。そのうちの一つは見学済ですが、費用面と申込状況から諦めざるをえないような状況でした。

workwoman.hatenadiary.jp

そこで見学予約したのが今回のところでした。いいところでありますようにと願いながら、旦那と一緒に娘を連れて出かけました。

衝撃を受けた認可外の保育園

タワーマンションの一部のスペースにある保育園でした。残念ながら日当たりはいいとはいえませんでした。

入口にあったチャイムを押すと、インターホンではなく中から声がしました。

「空いてるんではいってくださーい!」

失礼しますと中にはいると10人ほどの園児たちがワチャワチャ。

半数が声をあげて泣いており、3人の先生が対応に追われていました。

「午前中にイベントがあってバタバタしていてすみません。」

忙しい時間帯にきてしまったのかな?と少し申し訳ない気持ちになりながら中へはいりました。

1人の代表者の人が座ってくださいといい、旦那と2人で部屋の真ん中に座りました。その人が奥から入園用の資料をもってこようとしたのですが、資料がみつからない様子でした。それもそのはずで本棚?はとても乱雑になっており、あれでは資料がどこにあるか分からないだろうという状態でした。

放置される乳児たち

待っている間、1歳に満たないつたい歩きの子が危なっかしく柵につかまって遊んでいました。案の定、頭をぶつけてワンワン泣き出しました。その横でハイハイしている女の子は誰にもみられておらず、見ているこっちがハラハラしました。

資料をやっとみつけた代表者がこちらにきて、説明してくれるのですが、周りでワンワンないたり、ハイハイの子がひとりで放置されている状況はカオスでしかなく、私は全く説明を聞く気になれませんででした。

しかも担当者は渡した資料を読み上げていくだけ…

それなら帰って読むからいいよ…と思いながら、説明をきいていました。

衛生面・管理に疑問を感じる

f:id:ofgoodomen:20180616000609j:plain

病児保育(子供が熱がでたりしても預かってくれたりする)もやっているとのことで、きちんと健康な状態の子を分けてくれるのかなと疑問に思ったので、預かる場所などについて質問しました。

「今は荷物あるのであれですけど…あのへんで預かります」

と指さされた場所はただの物置。

「あそこですか??」

ただただ唖然。

物が乱雑におかれており、パソコンやら資料など、ただの作業場になっている。しかも、特に病児だからといって、部屋のようになっているわけではありませんでした。

柵だけで、熱がでている体調の悪い子と1日一緒に過ごすことになるので、預けている子が病気をもらって帰ってくる可能性もあります。

さらに衝撃的だったのが、子供をみていた女の人が赤ちゃんが寝る敷布団のうえを踏んずけてうろうろしていたことでした。

しかも、素足?ありえない光景でした…

旦那とアイコンタクトをとって、資料をもらって早々に退散することにしました。

これが認可外保育の現状なのか…

前回見学した認可外保育とのギャップにショックを受けました。

認可外ということで資格をもった保育士の人数も少なく、朝のうちは有資格者がいないこともあるということでした。

「ここに入れないといけないぐらいなら仕事やめるから…」

旦那と話しながら帰りました。

旦那もウンウンと頷いていました。

その日はどっと疲れた保活となり、とても悲しかったです。

この現状はママが目で見ないと伝わりません。チラシやホームページなど表の情報はこういうところに限って意外としっかり作りこんでいたりもします。

預けようと思う保育園は必ず見学したほうがいいと思います。同じ認可外でも本当に雲泥の差があります。