働く妊婦の早産・妊娠体験記ブログ

実体験をもとに妊婦・マタニティ・子育てなどに役立つ情報をお届け

赤ちゃんのよだれかぶれを治してあげたい!!

生後3ヶ月になった娘ちゃん

よだれが大量にでるようになってきました

少しほっておくとよだれが、でろーーーん

 

寝返りができるようになって、うつ伏せの姿勢でいることが多くなってきたことで

自動的によだれがでてくるようになってきました

しかも、自分で唾を口含んでぶぅうぶぅーー

エンドレスでよだれ( ;∀;)

 

そして、

よだれのついた手で自分の顔をこすったり

よだれのついたところにうつ伏せになったり

 

気づいたら、乳児湿疹から必死できれいにしたお肌がよだれで赤くただれぎみに

ガーゼを1枚用意して、スタイもつけて気づいたら拭いてあげるようにしていましたが、それでもかぶれは止まらず、ほっぺたが真っ赤になることもありました

 

▼ほっぺたが、よだれでただれぎみの娘ちゃん(生後3ヶ月)

f:id:ofgoodomen:20180816112609p:plain

しかし、あるアイテムを使用したことで劇的に娘ちゃんの肌かぶれを止めることができました!

 

そのアイテムが「白色ワセリン」

 サンホワイトと書いてありますが、内容はワセリンです!

 

お風呂上りに保湿クリームを塗った後に、この白色ワセリンで蓋をしてあげることでよだれがついても、ある程度の肌荒れは防ぐことができるようになりました。

乳児湿疹のときにも使用していましたが、湿疹が治ったので使用を停止していましたが、病院のススメで使用を再開しました。

▼ワセリンケアをはじめて3日後

f:id:ofgoodomen:20180816112707p:plain

感激!!赤ちゃん肌復活です

 

ワセリンでどうしてよだれかぶれが防げるのか?

ワセリンの特徴は肌トラブルを治すのではなく、”フタをして保護する”ということ。皮膚の上に膜を作ることで、外からの刺激を押さえることができるようです

ただし、よだれが肌につくのを防げるのですが、皮膚浸透せずに強い保護膜を作るため、毎日きれいに洗い流すことが必要なようです

ひどいよだれかぶれを治すことができた肌ケア方法

  • お風呂はしっかりベビーソープでお顔を洗浄

石鹸やソープの使用をやめたりするのを勧められることがあるようですが、ワセリン使用の場合はしっかり毎日洗いながしてあげることが大切なようです

  • ヒルロイドローションで保湿

1~2分ほどおいて乾かします

  • ワセリンでお肌を保護

ワセリンは少し硬いのですが、人肌でやわらかくなるので自分の指先で暖めてからぬってあげると伸びもよく、ぬりすぎも防ぐことができます

  • 朝一にあたためたガーゼタオルで拭いてあげる

このときは強く擦りすぎないようにしてあげています

  • ローションとワセリンで保湿

お風呂あがりの保湿作業を繰り返します

 

乳児湿疹のときもですが、私の娘ちゃんのお肌に対するこだわりが人一倍

私自身、お肌が荒れてる日はテンションがさがるから

娘ちゃんもきれいなお肌でいれるようにしてあげたいし

赤ちゃんのころのお肌ケアが、大きくなったときの肌質にも関わってくるといわれるからできることはやってあげたいなと思っていました

 

同じように悩んだり、ケアしてあげたいと思っているママさんには、ワセリンケアをぜひおススメしたいなと思います(^_-)-☆

 

他にもあります、白色ワセリン内容は同じようなものなので使用しやすいものを選んだらいいと思います(^^♪

私のおすすめは前に紹介した「サンホワイト」です